読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇初心者ワークショップに行ってきました。

この間、演劇初心者ワークショップに行ってきました。

 

私は今まで演劇にまったく興味なかったし、
劇を見に行くということもなく、ましては自分がセリフを言うことなど想像もつきませんでした。

 

ワークショップに行こうと思ったきっかけは、
もっと自由に自分を表現したいなあという思いがずっとあって、
そういえば演劇する人って、いろんな役をいろんな喜怒哀楽で豊かに表現しているなあと、
ふと、思いついたのでした。

 

とはいっても、いきなり劇団とか敷居が高すぎるので、
演劇サークル的な、初心者でもOKっていうグループがあるといいなあとネットで調べてみました。

 

そしたら家の近くに、平日の夜(会社帰りに寄れる時間)、費用もヨガ一回分と変わらないくらいで、
しかも初心者OKという理想通りのワークショップがヒットしてしまったのでした。

 

開催日もちょうど一週間後位、
すべての条件がそろいすぎていて、参加しない選択肢はもはやなかったのです。

 


感想は、行ってみてよかったです。

 

プロの劇団の方が指導してくれる、とても貴重なレッスンなんだと、
参加していた人から教えてもらいました。

指導者は、テンションとか言い方とかを自由自在に操れるプロで、
場の空気を一瞬でつくれてしまう人で、
もはや同じ人間とは思えませんでした。

 


今まで私の中で使ってこなかった筋肉(おもに右脳、即興性)を急に使いまくって、
ワークショップが終わった後はどっと疲れてしまい、放心状態でした。
面白いとか楽しいとかそんな余裕はなかったのですが、
これは私にとって必要な筋トレである、と感じました。

 

ワークショップの具体的な内容は、
最初にストレッチで体や声をほぐしていき、
むちゃぶり(私にとっては)の自己紹介に、表現力とコミュニケーション能力を必要とするゲーム、
そして最後にセリフのプリントが配られて、配役を分担して、それを感情表現を入れて読み上げていく、
というものでした。

 

少し、企業のコミュニケーション研修ににているなあと思いましたが、
コミュニケーション研修って、年に多くて数回の、一人数万円の高価なもの。
場数を踏んで慣れていく、というのは不可能です。
それがここに参加すれば毎週のように受けられるってすごい!!って思いました。

 

わたしそういうの一番苦手なので。
人前で話すとか、人前で自己開示するとか、自由に表現するとか、ホント苦手。
だから、なるべくそういう機会に恵まれないように、隠れて生きてきたハズなのですが、
最近どうにもそのあたりが痒くなってきてしまったのです。

 

配色を習っても、結局は自分で表現ができないと、
人のマネの色になってしまって、面白くないのです。
自由に自分を表現することをしないと、誰かの意思に従うだけになってしまい、
そういう人生はつまらないものだ、ってひしひしと感じてしまって・・・。

 

だけど、数字相手に、失敗しないことを毎日の仕事としていると、
自由にって言われても、ぽかーんとして固まってしまうのです。

 


●ワークショップで感じたこと

同じセリフを言うのでも、エネルギーの大小によって、まったく印象が変わってくる。

そして、同じことを言うのでも、何パターンも言い方ってあって
(ワークショップでは数回のうち、いろんな言い方を試みてみて!って言われた)
言い方ひとつで場の空気感がこんなにも変わるのか、って驚きました。

 

声の大きさ、早さ、間の取り方、瞬時に判断が必要で、なんてスリリングなの~。
私はセリフ飛んだり、ヘンなテンションになったり、失敗しかしてなかったです。


途中で、いっぱいいっぱいになってきて、正直早く終わらないかなって思ってしまいました。

 

だけど、これだけの負荷のかかるレッスンは経験したことがなく、
失敗を繰り返して筋肉痛を重ねていけば、表現筋(という筋肉があったとしたらね)が強くなっていきそうです。

 

初心者すぎて空気みだして、そんな自分がいたたまれないのですけど、
たぶん、また参加しちゃうかな~