モテたいのだったら、モテる場所に行けばいい

アラサー位の女の子が、
「最近歳のせいでモテなくなってきた」
「35歳過ぎたら婚活はもう辞める」
なんて言っているのを聞くと、
何を言うか~!と思う。

 

40代の私からみたらアラサーなんて若くて引く手あまたなのに。

 

たぶん、そういうことを言う子は、
本人のモテ度ではなくて、
その子のいる環境の中でのモテ度が下がっているだけなんだと思う。

 

モテ度が落ちる環境は、下記だ。
・同年代、年下がたくさんいる
・男性よりも女性が多い

 

必然的にモテ度があがる環境はこの逆だ。
・男女共に年上が多くて、自分が年少である
・男性よりも女性が少ない


最近これを痛感する出来事があった。
私はもう40代だし、主婦だし、おばちゃんだし、この先モテることなんてないだろうなあと思っていた。

 

現に、少し前の仕事は20代~30代が多く、私は完全アウェイだった。圧倒的に女性が少なかったのに、誰からもゴハンさえ誘われなかった。普通に話をするだけ。同年代の男性も少しは居たけれど、やっぱり20代女子が人気だった。40代なんてこんなもんだろうと思った。

 

本当にモテる人というのは、40代でも50代でもこの環境でモテモテなんだろうけど、凡人がなすにはかなりハードルが高い。

 

だったら最初に話が戻るけれど、自分がモテる環境に移ればいいのだ。

 

少し前にちょっとした趣味の飲み会があった。
男10人対女10人位の会だったけれど、女性は40代~50歳近い人が参加していて、私はほぼ最年少だった。

 

そ れ だ け で

 

特別オシャレをしていたわけでもないのに、他にゴージャスでキレイなお姉さまも居たのに、明らかに私は人気があり、数人からデートしようと誘われた。

 

どちらの集団でも、既婚であることは告げてある。


私自身はどこも変わりはないのに、
環境によってモテ度がこんなにも変わるなんて・・・。

 

なのでこの先、モテモテ人生を送りたいと思ったら、常に「自分が年少&男性が多い」環境に身を置くことだと実感した。

 

仕事だったら、IT系、工場系、運送系、ガテン系


趣味だったら、スポーツ(野球、サッカー)、アウトドア、乗り物系(車、鉄道、バイク)、ギャンブル・ゲーム(競馬、囲碁、将棋)、酒場、ビジネススクール


あたりがモテ市場だと思います。


ちなみに厳しそうなのは、
美容系、語学系、テニス、ヨガ、料理。
若い女性たくさん!


特に、婚活に疲れたアラフォーは、
たまに50代の中に身を置いてみると、
若者扱いしてもらえて、自信を取り戻せると思います。

何もそこで相手を見つけなくても、チヤホヤしてもらうってことが大事!
自分が知らなかっただけで、素敵な50代も多いなってことに気づくこともある。

 

人間、おばちゃんになっても、
モテないよりも、モテるほうが人生楽しいもんね。

困ってる人を見つけるアンテナ

私は神経質で、気にしいだから、
仕事とか対人関係で困ってしまう場面が多い。

 

それは生きる上でマイナスポイントに見えるかもしれないけど、
徳な部分もある。

 

自分が困っていることが多いから、
人の困っていますアンテナにも気づきやすい、ということだ。

 

飲み会なんかで、話に入っていけずに困っている人や、
帰りたいのに、気を使ってそれを切り出せなくてソワソワしている人、
仕事のやり方がわからなくて困っている人、

 

ほとんどの場面で同様に自分も困った経験があるので、
少しの表情や体の動きで、
「あ、この人困ってるんだな」ということがわかる。


逆に、自分が小さなことを気にしないおおらかな性格だったら、
他人のそういうのにも気づけないのだと思う。


そして、困っている人を発見してしまったら、
助け舟を出すのだけど、

この助け舟の出し方も、
自分がやってもらって嬉しかったやり方の蓄積がたくさんあるので、
わりとスムーズにできると思う。


例えば、
誰かに仕事を頼んでも、
5分くらいしたら一声かけるようにするだけで、
「こんな質問していいのかな・・・忙しかったら声かけるの悪いな」

というちょっとしたことだけど作業者にとって気になっている疑問を、軽く口にできる雰囲気を作ってあげられる。

真面目な人ほど、困っていることが多いのだ。

 

飲み会で話に入っていけていない人には、
なるべく多くアイコンタクトを取るようにして、
その人の観察をするとともに、
話しかけやすい隙を作るようにする。


困ったときに助け船を出せると、
なんとなく、友好関係が築けるように思う。


そうすると、自分が困った状態になったときに、
助けてもらいやすくなる。


仕事なんて、頭の良し悪しなんかよりも、
自分が困ったときにどれだけ助けてくれる人がいるか、
自分のためだったら一肌脱いであげようと思ってくれる人がいるか、
のほうが大事なんだと思う。


わたしは怠け者だし、仕事なんてたいしてできないけど、
こういった「助けてくれる人達」のおかげで、
どうにかなっている。


だからこの、
困っているアンテナの感度がいいことは、得なこともある。

今日の女服(ユニクロのレースノースリーブT)

ユニクロでレーストップスが、
今週1990円→1290円になっていたのでお買い上げしました。

 

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405735?utm_source=pla&utm_medium=cpc&utm_campaign=women&utm_term=all&gclid=EAIaIQobChMIjfWsz_O92wIVmQ4rCh1Xag24EAQYASABEgJfbfD_BwE

 

 

f:id:nicochix:20180606123215j:image

 

私は顔移りとコーディネイトのしやすさで白を選択。

 

最近のトップスは、身ごろがやけに横に広いとか(最近の無印良品に多い・・・)、
Aラインとか、裾がひらひらし過ぎで太って見えるのが多いけど、

これは脇下から裾まで真っすぐなシルエットなので、
お腹が気になるがっちり、むっちり体系の私は、着やせして見えます。

 

裾を出してもだらしなく見えないのもいい。

 

レースも繊細すぎなくて、
模様となっているお花は大きすぎず、小さすぎず、
比較的似合う人が多いと思います。

 

お花の形も丸みがあるので、やさしい雰囲気になります。

 

色も、青みの白ではなくて、アイボリーよりの白なので、
肌が黄色い私が着ても浮きません。

 

サイズは私は160cmですが体に厚みがあるので、Mサイズにしました。
少しゆとりを持って着られます。
Sだと身ごろが短くてお腹がカバーできないので・・・

 

ユニクロの口コミにあるように、商品によって個体差があるから、可能であれば店頭で試着&縫製をチェックした方が良さそうです。
レースの糸がほつれてるものがあったので。

 

難点としては、
値段と着る人を選ばないシルエットだし、
ユニクロもたくさん作って売ってそうなアイテムだから、
きっとこの先も色んなところで被ること多そうだな。

 

実は、買い物中のユニクロ店内で、
この白トップスを着た50~60代の女性と鉢合わせして、
ちょっと萎えたけど、自分も程度の差はあれBBAだしな。

 

以上、コスパのいい女服でした。

コミュ障女こそファッションで周りに大切に扱われる雰囲気を作るべし

ファッションは自己表現であると同時に、
周りの人へ自分をどう扱ってもらいたいかというメッセージでもあると思います。


周りに話しかけられたくないのなら、全身黒で隙のないファッションをすればいいし、


逆にもっと話しかけてもらいたかったら、明るい色を着ればいい。


無難に溶け込みたいなら、曖昧なグレーやベージュなどの主張のない色を着ればいい。

 

女性として扱ってほしいなら、わかりやすくスカートをはけばいいし、


男性と対等に仕事をしたいなら、キリッとしたパンツスーツや、ワークパンツを着ればいい。

 

 

それで本題。

 

コミュニケーションが苦手という人は、
単にコミュニケーションがうまくいったという経験が少ないだけです。

 

だったらコミュニケーションをとる機会を増やせばいいのだけど、
そもそも自分から働きかけてコミュニケーションを取るのが苦手なんだってば!

 


そこで自分からコミュニケーションを働きかけなくてもいい方法があります。


「ちゃんと女性として丁寧に扱われるように、そういう雰囲気をまとうこと」


そうすると、話しかけられる最初の入り口が格段に良くなる。
コミュニケーションをとる前段階の土台を整えるのです。

 


ぜひ実験してみてほしい。

 

男か女かわからないような恰好をしている日と、
女であることがちゃんとわかる恰好をしている日で、
どれだけ周りの扱いが違うのかを。

 

40歳過ぎたおばちゃんの私だって、面白いように違いがわかる。

 

今日はいつもより女性らしい服を着ていたのだけど、
通勤ラッシュ時、電車に並んでいたサラリーマンと列がかち合ってしまったのだけど、
一歩譲ってくれた。

 

もしかしたら、そのサラリーマンがたまたま優しい人だったのかもしれないけれど、
「わたしがレディ(っぽい)だから譲ってくれたのね!」と思い込んでいい気分を味わうのが一日を楽しく過ごすコツだと思う。

 

そして、もしも優しい扱いをされなかったとしても、
「女性に優しくすることができない人もいるのね、残念」
と思えば、少し広い心でいられる。

 


■優しい扱いを受ける具体的ファッションは婚活に学べ


今流行りのファッションって、誰に向けたファッションなんでしょうか。

 

どうも、同性の中でオシャレな人と思われることに重きを置いたファッションに思えてなりません。

 

それか、アパレル業界が服を売るために、無理やり流行を作り出しているとも言える。

 

ビッグシルエット、おじ靴、ガウチョパンツ・・・

 

今時な雰囲気になるけれど、男性ウケはイマイチだと思います。

 

 

一方、婚活ファッションは、男性を意識したファッションです。

流行はあまり関係ないです。だから、ダサいけど。

 


具体的にどういう系統の服を着たらいいのというと、
水野敬也さんの「スパルタ婚活塾」という本の中で紹介されていた、
婚活ファッションがわかりやすいです。

 


<スパルタ婚活塾で推奨されているアイテム>

・白ワンピ

・シースルー

・細ヒールの靴

・てろてろスカート

・アンサンブル

・タイトスカート

パステルカラーのトップス

 


要は、男性が着られない洋服を着るということです。
男性も着られる服(Tシャツ、ボーダー、パーカー、パンツ、スニーカー、ローヒール)はNG。


そして、脱流行、脱オシャレ!です。

流行やオシャレなんて、一番後ろからついていけばいい。
そんなものに振り回されるよりも、大切に扱われることのほうが幸せになれます。

 

男ウケなんて、媚を感じるかもしれませんが、
コミュニケーションは、相手を心地よくさせることが大事です。

 

しゃべりでそれができないんだったら、
ファッションで心を開いてください。

 


私は女性らしく扱われて大切にされる服を「女服(にょふく)」と呼んでいます。


女服でコミュ障の方も、人生イージーモードになりますように。

バリキャリ以外の独身アラフォーは転職活動よりも婚活に専念したほうがいい

ネットニュースを見ていて、SNEP(スネップ)という言葉を初めて知りました。

 

それともう一つ衝撃だったのは、ニートって34歳までっていう年齢制限があるみたいで、
私はもはやニートにはなれないみたいです。

 

--------------------
https://dot.asahi.com/aera/2018060100062.html?page=1
「SNEP(スネップ)」とは、経済学者の玄田有史東京大学社会科学研究所教授が提唱した言葉であり、「孤立した(Solitary)」「無業の(Non-Employed)」「人々(Persons)」の略語だ。「20~59歳の、結婚したことがなく、学生でもなく、家族以外との人づきあいがない、孤立状態にある無業者」と定義されている。推定では160万人以上もいるという。
--------------------


ここ数年の私は、仕事は非正規で細々としているくらいだし、
もともと友達が多いわけでもないし、
これで結婚してなかったら、立派なSNEPだなあと思います。

 

そして、もしも離婚してまた独身に戻るようなことがあったら、
確実にSNEPです。

 

既婚者(妻)は、正社員や専門職で働いている人以外は、
みんなSNEP予備軍だよね。

 


最近結婚して感じるのは、
やっぱり社会の風当たりがマイルドになったと思います。

 

40歳過ぎて独身で非正規社員でいるだけで、
悪いことしてなくても心配されてしまう。
うっかり無職なんてことになったら、
SNEPって呼ばれちゃう。


働かないのは、なにか事情があるのかしら?って気を使われるというか。

 

それが結婚して専業主婦ってだけで、
世間はすんなり非正規も、無職も、受け入れてくれるのだ。


仕事を探すのも、
独身で残業はしたくないと言うと、
怠け者みたいに思われるけれど、
家庭があるので、って言うと、残業をしないことも、時短勤務のパートだって受け入れられやすい。

 


■非正規女性ほど、婚活に精を出すべきだ。

仕事ができて、社交的な人は、
結婚しなくても自由に生きていけると思うけど、

それ以外の人にとっては、結婚はセーフティーネットになるのかなと思います。


もはや結婚は好きな人とずっと一緒にいられるとかいう夢物語ではなくて、
生きる術なのだと思います。


女性は仕事が安定しなくても結婚にはあんまり障害にならないので、
その点は男性よりも恵まれていると思います。

 

だから、アラフォー非正規の人はアラフォーの貴重な時間を就職活動なんかに割かないで、婚活にすべてのリソースを投入すべきだと思います。

 

よっぽどお金持ちと結婚して家事全部完璧にやってくれと言われない限り、
仕事なんて、結婚してから探してもまったく問題ないと思います。

派遣事務で暇な職場の探し方

次の仕事は事務の派遣にしようと、派遣の仕事を物色中です。

 

あまり大きな声では言えませんが、
私は労働が嫌いです。

 

想像してみてください。

 

トイレに行く時間もないほどフルで働く(しかも残業あり)のと、


朝の数時間でその日の仕事が終わってしまいあとは定時までネットサーフィン、


という職場だったら、どちらを選びますか?

 

 

私は迷わず後者の暇な環境で働きたいです。

 

若いころは、仕事での成長とか目指していたけど、
もうそういうのはいらないから、
まったりと働きたい。

 

職場では省エネで、あまったエネルギーをプライベートに使うのが私にとっての幸せです。

 


今まで事務派遣で数社で働きましたが、
割と暇な職場を引き当てるヒット率はいいです。


■暇な派遣事務の見分け方

 

私は派遣事務の案件を探すときに、下記のキーワードに注目して探します。

 

・残業なし or 月に5時間未満
・おだやかな職場
・定着率が高い

 

同じ仕事をしている派遣が自分以外にもいるとなおベターです。


一方、下記は暇を求めるなら要注意なワード。
実際に、忙しい職場でした。

 

・急募!
・やりがいをもって働けます
・積極的な方
・残業20時間以上
・活気のある職場

 

派遣社員なのに、正社員と同じ様に働かせようという魂胆が見える会社は選びません。


顔合わせの時に、一番アンテナを立てて確認することです。
指揮命令者は誰か、
残業はできないので仕事が終わらなかった時の対処法、
などを確認すると、
うっすら見えてきます。

 

派遣社員は、ボーナスも交通費も退職金も昇級もないのに、
活躍とかやりがいとかいう言葉でカモフラージュして、
そこを見えないフリをする企業は嫌いです。

 

 

それと、自らのスキルを駆使して、暇な職場にしてしまうというのも手です。

 

データ集計や資料作成の仕事は、
関数やマクロなどを駆使すれば、
手作業で数時間かかっている仕事を、数秒で終わらせることができます。

 

マクロは暇な職場で、暇な時間に勉強しました。
暇を作り出せる素晴らしい技術です。

 

そして、ここがポイントなのですけど、
仕事が早く終わってしまって暇です!!アピールを必要以上にしないこと。

 

もちろん、周りで忙しくて困っている人がいれば手伝います。
だけど、今日はたまたま手が空いていたから手伝えます、というテイです。

いつも暇なんです、とは自分からは言いません。

 

たまに、派遣社員で、自分の仕事が暇なことに耐えられなくて、
「何か仕事をください」と社員に頼んでいる人がいますが、
私はそれはしません。

 

出社して、席に座って、仕事が発生したらすぐに対応できる状態でいることも、仕事のうちなのです。

 

派遣社員が全員、常に100%の仕事をしていたら、
突発的に発生する仕事をすると120%になってしまいます。
これが忙しさの原因だと思っています。

 

それを残業することでカバーしようという時点で、
その職場は仕事が多い、という判断です。

 

定時に帰るためには、80%の力でルーチンをこなし、
突発業務に耐えられる余力を取っておく人員構成ができる企業を選ぶのです。

 


あとは、いくら暇でもネット環境が整っていないと時間がつぶせないので、
仕事でわからないこと(関数とか)を調べる環境はあるか、

手が空いた時間はどうしてるのか、

顔合わせの時に聞いておくといいかと思います。


以上、まったり派遣ライフを過ごすための、仕事の選び方でした。

 

料理は夫の幸せ中枢を乗っ取れるお手軽な技術

結婚して、共働きで働いているのに、自分ばかり料理を作るのは不公平だ、
という声を聞きます。

 

私も結婚当初はそう思っていました。


婚活時代、
若さという武器を失い、稼ぎも性格も悪いアラフォーの私が、
唯一武器にできそうだったのが、料理でした。

 

料理上手に見せかけて、夫の胃袋をつかんで結婚に持ち込んだようなものなのですが、
実は心から料理好きというわけではありません。

 

できれば誰かに食事作ってほしいのが本音。
料理って時間がかかるし、頭使うし、めんどくさいんですよね~。


だけど、
最近は料理という役割があるからこそ、家庭内で好き勝手しているのに、許されているように思います。

 

 

■料理は夫の幸せ中枢を乗っ取れるお手軽な技術

 

わたしは、料理以外の家事はかなり適当です。

買い物も、洗濯も、部屋の掃除も、風呂掃除も、
いつの間にか夫がメインでしています。

 

夫は、キレイ好きで、洗濯大好き。

だけど、料理だけはできません。
一人暮らし長いのに、
かたくなに料理だけはしなかったようです。


料理なんて、本に書いてある手順の通りにやれば、
それなりのものが出来上がるのにね。

 

料理しないって、
ITオンチな人が、マニュアルを読まないでパソコンの操作ができない!って騒いでいるのと一緒だと思います。

 


私の料理のレベルは、人に出すレベルのスレスレだと思います。
なぜなら、料理本見ながら、軽量しながらでないと、
作れないからです。

 

私が思う料理上手な人は、
その場にあるものだけで、目分量で、おいしいものを作れる人です。

私はその域とはかけ離れています。


だけど、そんなレベルの私だけど、
本みて作ればそれなりのものが出来上がります。


私のお粗末な料理でも、
夫は仕事から帰ってきて、自分のために食事が用意されているということに、
この上ない幸せを感じるみたいです。

 

料理のポジションって家事の中で上位なんですよね〜

 

料理以外にも、人を幸せにできる技術はあるけれど、
特別な才能も、お金もかけないで、普通の人がすぐにできるのは、
ダントツで料理なんだと思います。


しかも、年をとっても失われないし、
対象となる人が変わっても使える技術です。

 

なので、
今日もめんどくさい、めんどうくさい、といいながら、
食事を作るのです。